信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】

信用組合への転職は競争率が高い?

一般企業よりも安定性が高く不況にも強いと言われる信用組合は人気のある就職先です。求人数自体多くありませんので、必然的に競争率は上がってしまうことを覚悟しておきましょう。

対策としては一人で転職活動をするよりリクルートエージェントなどの民間の転職サイトのサポートを受けることで転職成功の確率はかなり上がります。年収や待遇など具体的な相談もできますので一度ご登録をおすすめします。

信用組合の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職を考えているなら、転職成功実績ナンバーワンのリクルートエージェントがお勧めです。今までで累計30万人以上が転職に成功した実力を備えています。リクルートエージェントが独自に入手した企業情報を教えてくれるだけでなく、信用組合などの金融機関のための面接力向上セミナーなども行われているので、本番も落ち着いて面接を受けられます。求人への応募や進捗状況もクリック一つで逐一チェックできるので、安心して任せることができます。

DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職に際してプロの意見をしっかりと聞きたいなら、DODAがぴったりでしょう。転職サイトには非公開求人が多く、その数は求人数全体の80%〜90%ほどにもなります。自分のどんな求人があっているのかは、経験が豊富な専門のキャリアコンサルタントが相談に乗ってくれます。こうしたキャリアコンサルタントは人気が高く、一般には掲載されない求人なども多く把握しているので、良い情報を提供してくれるでしょう。信用組合などの金融機関の中でも年収や待遇が良い求人を教えてくれるかもしれません。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントではキャリアコンサルタントの助けを得て転職することができますが、内定や入社の後までしっかりサポートしてくれるのが特徴です。入社後の交渉や調整を代行してくれるので、自分の要望をしっかり伝えることができます。入社してから長期にわたってアフターフォローしてくれるのもうれしいですね。信用組合などの金融機関に入ってしばらくしてから困った問題にぶつかったという時でも安心して任せることができるでしょう。

信用組合の求人は多いのか?

信用組合と聞くと銀行のように非常に安定した金融機関のように感じるため、求人がコンスタントにあると思うかもしれません。実際には信用組合とは一定のエリア内にある共同者組合という位置づけになります。非営利目的という点では通常の銀行などとは若干異なりますが、基本的には同じような業務を行っていると考えて良いでしょう。安定して働けるという点では株式会社などよりもさらに魅力的に感じますが、実際に信用組合の業務や求人の現状はどのようなものなのでしょうか。

信用組合は非営利目的とはいえやはり金融機関ですから、一定の営業エリア内にある企業への融資等によって利益を出しています。特に信用組合は銀行やメガバンクなどとは異なり営業エリアが限られているため、地元の中小企業との密接なかかわりが重要となります。とはいえ、近年では融資の需要は減少しつつあり資産運用の方に重点が置かれつつあります。

こうした業務を行うために毎年多くの求人が行われます。現在信用組合の求人数は以前と比べると減少しており、求人サイトなどに掲載される情報も新卒採用のみというところが増えてきています。近年やや回復傾向にあるとはいえ、それほど景気が良くない現状では多くの新卒の求人を出すことができないというのが現状なのです。新卒で信用組合で働きたいという方の場合には複数の組合で就職活動を行うことが必要になるでしょう。

しかし信用組合の求人は新卒採用だけではありません。信用組合や信用金庫では40代や50代になると出向や転職が多くなるため人材が不足することがあります。この出向や転職は、受け入れ先の企業としても融資を受けやすくなるというメリットがあります。さらに出向や転職だけではなく、結婚や病気などによる退職も少なくありません。信用組合としては新卒社会人を雇用して一から教えるコストと労力を考えると、他の金融機関で働いていた経験者を雇用したいと思うでしょう。そこで転職サイトには信用組合の求人が比較的多く見られ、転職先を探している方にとっては朗報と言えます。

信用組合の求人数は以前と比べて減っているとはいえまだまだ就職できるチャンスがあります。特に総合職と呼ばれるエンジニアやプログラマー、中小企業診断士やファイナンシャルプランナーなどの資格保有者などはよりその可能性が広がるでしょう。ぜひ一度求人サイトや転職サイトをご覧になり、信用組合の求人を探してみてはいかがでしょうか。

信用組合の採用基準は?

信用組合に限らず、どんな企業でも人を雇用するための採用基準を持っているものです。そしてその採用基準は業種や地域性、起業の規模などによって異なるため、信用組合に就職したい場合には自分が入りたい信用組合の採用基準を知る必要があるでしょう。とはいえ、複数の信用組合で面接を受ける場合などには、信用組合全体の採用基準を知っていることが重要です。では信用組合の採用基準とはどのようなものなのでしょうか。

まず新卒で信用組合に入りたい場合には何事もチャレンジする精神が採用基準の一つとなるでしょう。信用組合のような金融機関では新規の預金者を獲得するための営業や多くの顧客と接する窓口業務が行われています。さらに重要な業務として融資業務や為替業務があり、これらには慎重さと決断力が求められます。新卒社会人の場合にはすべての業務が初めてなので、どの業務を行うとしても嫌がらずに積極的に学ぶ姿勢を見せることが重要なのです。さらに信用組合は地域に非常に密着した業務を行わなければなりません。地域内の組合員の話に耳を傾けたり顧客のニーズに敏感であったりするためには高いコミュニケーション能力が求められることも覚えておきましょう。信用組合特有の採用基準としてその地域を好きかどうかも重要なポイントです。

一方で転職して信用組合に入る場合の採用基準としては高い能力や豊富な経験が挙げられるでしょう。というのは、転職する人の多くは総合職として働くことになるからです。信用組合の業務の中でも特に融資業務には返済能力の有無などを見極めるための経験が必要となります。明確な採用基準ではないものの、以前信用金庫や銀行で働いていたという場合にはその経験をアピールできるでしょう。さらにある分野に特化した能力がある場合にも採用される可能性は高くなるでしょう。例えば営業マンとして優秀な成績を収めてきた、エンジニアとして組合内のネットワークが構築・管理できる、中小企業診断士の資格を使って企業の健全性を判断できるなどの資格・能力は信用組合にとっても非常に有用であるため、採用基準の一つとなります。

信用組合では総合職と一般職とがあり、求められていることや採用基準も異なります。自分がどちらの立場で働きたいのかという点をしっかりと吟味してから採用基準を調べる必要があるでしょう。ぜひ信用組合でやりがいのある仕事を行うために、採用基準を満たせるような準備を今からしておくようにしましょう。


Copyright (C) 2016-2018 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.