朝銀西信用組合の採用情報

信用組合求人TOP >> 信用組合の採用情報 >> 朝銀西信用組合

朝銀西信用組合の採用情報

朝銀西信用組合は、朝銀の冠を唯一残した信用組合です。本店は岡山市にあり、本部は広島市にあります。定期預金の金利が非常に高いとして、一部で話題になった信用組合です。

母体は、1962年に設立された岡山中央信用組合でしたが、1972年に朝銀岡山信用組合に改称しました。その後、1999年には朝銀香川、朝銀愛媛、朝銀佐賀、朝銀大分と合併し、朝銀西信用組合となります。2001年には、朝銀福岡、朝銀山口、朝銀広島、朝銀島根、朝銀長崎の事業を譲り受けて、事業エリアを拡大していきます。現在の事業区域は岡山県や香川県、また愛媛県と大分県、佐賀県、そして福岡県や山口県、広島県、さらに島根県に長崎県となり、非常に広域で営業活動をしている信用組合です。

地域の組合員の経済的な発展を目指して、そのために邁進することを理念として活動を行ってきた信用組合であり、さまざまな困難に直面しても職員が一致団結し、さらには組合員の理解も得て、それらの困難を乗り越えてきたという歴史を持っています。それ故に、朝銀をルーツに持つというプライドや、コミュニティの発展のセンターであるという自負によって、職員は非常に団結力が高いということが言われています。

さらに、新たなビジネスチャンスを求めてチャレンジングな事業への挑戦も始めています。それが、定期預金の金利を破格に設定している理由なのかもしれません。3年の定期預金の金利が0.6%という国内でも非常に高い金利を設定したことで、一時期非常に話題になり、注目されました。

朝銀西信用組合の採用情報はなかなか見つからないため、現在は募集を行っていないようです。しかし、広く職員を募集することが今後無いとは言い切れませんので、朝銀西信用組合が求める職員の姿を考察してみましょう。

朝銀西信用組合は、組合員が支え合い、組合員によって運営されている信用組合です。組合員の利益を第一に考え、組合員の預金を組合員の企業の発展と生活向上に役立てることを活動の基本としています。そして、組合員との信頼の輪・絆の輪が大切だと考えます。

そういった理念から推測するに、まずは職員自身が組合員の一員としてコミュニティに溶け込む必要があるでしょう。そして、組合員への理解を深めていけば、朝銀西信用組合が求める職員となる条件を満たしていけるかもしれません。

もしあなたが既に組合員同様のコミュニティに属しているならば、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

都市銀行の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.