大東京信用組合の採用情報

信用組合求人TOP >> 信用組合の採用情報 >> 大東京信用組合

大東京信用組合の採用情報

大東京信用組合は東京都港区に本店を置く、1952年に設立された信用組合です。業域信用組合として設立されたものの、その後さまざまな中小の信用金庫と合併していく中で地域信用組合へと変化していきました。通常、信用組合は都道府県の一部の地域のみで営業をしていますが、大東京信用組合の場合には離島を除く東京都一円を営業エリアとする大手の信用組合となっています。東京都という広い地域の中小企業を支援する大東京信用組合の採用情報とは、いったいどんなものなのでしょうか。

大東京信用組合では、地域に密着した業務を行うために高いコミュニケーション能力を持ち、どんな仕事にも積極的に取り組むことのできる人材、顧客から愛される気づき力が求められています。大東京信用組合は広い営業エリアを持ちながらも一人一人の顧客と近くで接して、きめ細やかなサービスを行っているため、多くの人が魅力を感じています。採用情報を得るためには、大東京信用組合指定のページからセミナー・説明会へエントリーします。その後、筆記テストと適性検査を経てグループ面接が行われます。グループ面接ではディスカッションも行われます。グループ面接後、人事部長および役員最終面接によって試験が終了して内定が決まります。大東京信用組合の新卒採用では、大学院卒、大卒、短大卒に応募資格があります。初任給は大卒が20万円前後、短大卒が18万円前後となっています。

大東京信用組合では、新卒だけでなく中途採用やパート採用も適宜行われています。中途採用は、以前に金融機関で働いていた人を対象に行われ、為替業務や融資業務などより専門的な知識と豊富な経験が求められる場所で働ける人材が求められます。中小企業診断士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーなどの資格があればさらに有利になります。いつも求人があるわけではなく、欠員が出た時だけ求人情報が掲載されますから、こまめにホームページ等をチェックするようにしましょう。パート採用も同様で、経験者に限って募集されることがほとんどです。これも求人数自体はそれほど多くありません。

大東京信用組合では、転居を伴うような転勤がないとされているのも魅力の一つです。地に足を付けて仕事をすることができるという大きなメリットがあります。東京という大都市で地域に密着し、親身に顧客と向き合うやりがいのある仕事をするためにも、大東京信用組合に就職できるように今から一生懸命努力するようにしましょう。

都市銀行の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.