北央信用組合の採用情報

信用組合求人TOP >> 信用組合の採用情報 >> 北央信用組合

北央信用組合の採用情報

北央信用組合、通称「ほくしん」は、北海道内最大規模の信用組合です。北海道札幌市に本店を置き、江別市、苫小牧市、千歳市、旭川市などに支店を構えて、北海道地域に密着した金融活動を行っています。

前身の専和信用組合時代、1999年に破綻した千歳信用組合、共同信用組合の受け皿となり、両組合と合併、北央信用組合となりました。さらには2001年には破綻した旭川商工信用組合の受け皿となり、2006年には不採算となった室蘭商工信用組合の苫小牧地区の事業を譲り受け、営業地区を広げていきました。結果、北海道内最大規模となり、経営利益、純利益ともに順調に増加し、道内でも最も安定した信用組合と言われています。

さらに、地域社会の生活の向上や文化の発展を事業の目的としている上で、地域の行事に積極的に関わり、商店街の行事や地域の神社の祭などに参加・協賛しています。会員相互の親睦を目的とした「ほくしん会」といった団体を持ち、ゴルフ会、釣り会、旅行会などの活動を行っています。このように地域貢献にも力を入れているのが北方信用組合の特徴なのです。

このように、北海道内でも優良な営業活動を行い、地域から信頼も厚い信用組合ですので、採用においても非常に競争率が高いことが予想されます。北央信用組合のことを良く調べてから応募に臨みましょう。では、その北央信用組合の採用情報を見てみましょう。

募集されているのは、金融業務全般に対する総合職です。採用予定人数は8人とありますから、決して多くはありません。対象としているのは、新卒および第二新卒の全学部・学科の大学生、短大生です。履歴書と成績証明書を郵送して応募した後、説明会を経て適性試験、グループ面接、個人面接を経て、およそ7日後に採用内定可否が通知されます。

組合のビジョンとして、地域の人たちに誠意を持って接し、地域との共存共栄を目指し、豊かな地域社会作りに奉仕し、誰からも信頼され、親しまれる職場を作る、とあります。従って、それらに対応できる人材を求めていることでしょう。北海道といった広大な地域の発展を、金融を通じて貢献していく、そんなチャレンジングな精神をもっていることをPRすることが大切なのではないでしょうか。

前述のように、非常に優良な信用組合であり、今後も大いに発展していくことが見込まれる組織です。応募者も多く競争率も非常に高いため、しっかりと準備をして採用試験に臨みましょう。

都市銀行の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.