近畿産業信用組合の採用情報

信用組合求人TOP >> 信用組合の採用情報 >> 近畿産業信用組合

近畿産業信用組合の採用情報

近畿産業信用組合は、大阪府大阪市天王寺区に本店を置く1953年に設立された歴史ある信用組合です。通常、信用組合は、都道府県の中の一部の区域だけを営業エリアにしている中小規模のものが多いのですが、近畿産業信用組合は大阪、京都、奈良、兵庫、滋賀、岐阜、和歌山、そして長崎を営業エリアとする非常に広域の信用組合となっています。現在は大阪市中央区に全国の信用組合・信用金庫では最も高いビルを建設中で、2019年に本店を移転する予定となっています。中小規模の店舗が多い信用組合の中にあって、大規模な信用組合と言える近畿産業信用組合ですが、その採用情報はどんなものなのでしょうか。

近畿産業信用組合では、「お客様とパートナーになれる人材」を求めています。そのためには、顧客のニーズを的確に把握するコミュニケーション能力が求められます。さらに金融業界で常に増えていく知識を取り入れる努力、顧客の相談に親身に乗る誠実な姿勢なども必要です。近畿産業信用組合の採用の流れはエントリーシートを提出後、会社説明会に参加します。会社説明会に出席した後は、筆記試験を経て面接が一次、二次、最終と三回あり、合否が決定します。募集要項には、大阪大学や神戸大学などの国公立大学、大阪学院大学や京都産業大学といった私立大学などの大卒、短大卒、大学院卒の人と書かれています。募集人数としては80人程度が予定されていますが、年度によっては100人を超える採用もあります。初任給は大学院卒が22万円前後、大卒が20万前後、短大卒が18万円前後となっています。

近畿産業信用組合では新卒採用のみならず、中途採用の募集も適宜行われています。例えばその中には、融資渉外業務、財務・審査・商品開発などの専門職などがあります。これらに応募できるのは、銀行や信用金庫、ノンバンクなどの金融機関で働いた経験がある人です。正職員もしくは嘱託職員としての採用となります。応募する場合には履歴書と職務経歴書を送り、書類選考に通過した場合にのみ面接の日程が連絡されます。これから信用組合で働きたいという方は、一度応募してみるといいでしょう。

近畿産業信用組合は非常に広域に営業エリアが広がっているため、いろいろな地域で働ける可能性があります。どの地域に配属されても、地域に密着して中小企業を助けるというやりがいのある仕事に携わることができるでしょう。ぜひ新卒でも中途採用でも、全力を尽くして仕事ができるよう今から準備を怠らないようにしたいものです。

都市銀行の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.