信用組合の転職と志望動機・履歴書

信用組合求人TOP >> 信用組合の転職の基礎 >> 信用組合の転職と志望動機・履歴書

信用組合の転職と志望動機・履歴書

信用組合に転職する場合に限らず、就職・転職活動をするうえで欠かせないのが履歴書です。そしてその履歴書には必ず志望動機を記入する欄があります。履歴書を書く際にはどうしたら面接官に良い印象を与えられるかをよく考える必要があるでしょう。最初に書類審査がある信用組合であれば、履歴書が与える印象はより重要になります。さらに志望動機は面接でも必ず尋ねられる質問の一つです。志望動機は前もってよく準備し、スムーズに言えるよう練習しておくことが重要です。では志望動機や履歴書に必要な要素にはどんなものがあるでしょうか。

まず履歴書ですが、やはり手書きがベストです。今ではパソコンで入力したものでも良いという企業が増えてきましたが、文字によって人柄や熱意をアピールすることもできるので、可能なら手書きで履歴書を作成しましょう。黒のボールペン、もしくは万年筆で書きます。これは履歴書がコピーされてもしっかりと写るために重要です。丁寧に誤字脱字がないように書くのはもちろんのこと、住所などを略して書くことが無いよう注意します。こうした書式に気をつけるのとは別に、より重要なことがあります。それは信用組合が求めている人物像を的確に把握することです。基本的には何事にもチャレンジする熱意があり、信用組合の営業エリアでしっかりと結果が出せる人が求められているのですが、より具体的に自分がいかにその信用組合にふさわしいかをアピールする必要があります。

志望動機の欄は自分の適性をしっかりアピールする良い機会です。自分が転職を希望する信用組合ではどんな仕事が求められているのかを知って、自分の熱意や能力を伝えることができます。能力が高くても、信用組合が欲しい人材ではなければ転職を成功させることはできません。信用組合が任せたい業務は融資なのか、営業なのか、為替なのかを前もって調べておき、その業務をどのように果たしたいかを書く必要があるのです。根拠のない熱意や給与面だけを見ての志望動機は人事担当から見て印象が良くないことを覚えておきましょう。

履歴書や志望動機は転職の成功に大きく関わってきます。面接での思わぬ質問とは異なり、これらは前もって十分な時間を取って準備することができます。信用組合に転職しようと決めた時から、営業エリアの状況や信用組合の現状をよく調べて、どのように志望動機をかけば採用されやすくなるかを見極めるようにしたいものです。

信用組合の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.