信用組合の年収・給与

信用組合求人TOP >> 信用組合の転職の基礎 >> 信用組合の年収・給与

信用組合の年収・給与

信用組合にこれから就職したいという方であれば、信用組合の年収や給与について興味があるに違いありません。同じ金融機関には銀行や信用金庫がありますが、これらと信用組合には年収や給与の差があるのでしょうか。また一般の会社員の給与との差も知りたいことでしょう。

一般的に金融業に勤務している人は年収・給与が高いと思われることが多いでしょう。結論から言えば信用組合に勤務している人の給与や年収は地域や規模によって大きく異なります。銀行は本店所在地の周囲の平均給与などに合わせて給与や年収が変動するため地域差が出にくいですが、信用組合は地域ごとの相互扶助の取り決めであるため大きな地域差があるのが現状なのです。しかし銀行は利益を株主に還元するための株式会社、信用金庫は組合員以外にも預金を制限なしで開放している金融機関、信用組合は組合員を主な対象とした融資を行っていることなどを考慮すると、他の金融機関以上の給与や年収を期待することはできないかもしれません。

実際に銀行業界の平成17年から平成26年までの年収の平均を見ると630万円から680万円程度となっています。信用金庫では年齢や役職によりますが、およその年収は500万円から600万円前後とされています。一方で信用組合では総合職で年収400万円から500万円前後の場合が多いようです。これらには残業手当などは含まれていませんし、特別な資格や能力によってはさらに高年収を期待することができるでしょう。

信用組合はより地域に密着したサービスを提供しており、地域内にある零細企業を助けるのに非常に貢献しています。通常のサラリーマンの平均年収は平成17年から平成26年の10年間で400万円から440万円程度となっているので、やりがいのある仕事を続けながらサラリーマンの平均かそれ以上の給与を得ることができると考えることもできるでしょう。

これらの年収や給与はあくまで一般的な数字であり、地域や組合員数、役職によって大きく異なります。特に総合職と呼ばれる特別な資格を持つ人は平均的な給与よりもかなり多い年収を得ることができます。例えばエンジニアやファイナンシャルプランナー、中小企業診断士、宅地建物取引士などです。これから信用組合に就職・転職しようとしている方は、就職活動を始める前に自分がどのくらいの年収を望んでいるのかをよく見極めるようにしましょう。そうすれば実際に就職してからもやる気を持って仕事を続けることができるはずです。

信用組合の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.