信用組合の転職と退職金

信用組合求人TOP >> 信用組合の転職の基礎 >> 信用組合の転職と退職金

信用組合の転職と退職金

転職は人生の中でも大きな決定であり、たくさんの要素を考慮しなければなりません。年収や職場環境はもちろんのこと、人間関係や通いやすさ、長期間勤務し続けられるかどうかなどを、わかる範囲で検討することが必要でしょう。そして重要なポイントの一つが退職金です。退職金に関しては転職先となる信用組合の退職金のシステムと、転職する前の会社の退職金のシステムの両方を知らなければなりません。では信用組合に転職する際の退職金について考えてみましょう。

まず退職金とは働いている間に雇用先が一定金額を積み立ててくれていて、退職する時に慰労の意味を込めて支払われるものです。したがって勤続年数が長ければ長いほど退職金も高額になります。転職する際にはそれまで積み立てられた金額を退職金として受け取ることができますが、転職先の信用組合ではその積み立てが無くなり、また一からスタートするということを覚えておきましょう。この退職金のシステムを考えると、転職するかどうかをまず考える必要があるかもしれません。年収だけに注目して退職金を計算しないでいると、思わぬ損をしてしまうことがあるのです。

一方で信用組合の場合には一般の企業のようではなく、組合によって就業規則が異なるため退職金にはある程度の開きがあります。退職金の算定方法も組合によって異なり、給与をもとに算出する組合や勤続年数を重視する組合、さらには給与と勤続年数の両方を加味して計算する組合などがあります。信用組合の場合は会社の規模からいっても、一般の中小企業とほぼ同じくらいの退職金になると考えておくと良いでしょう。平成26年の中小企業の退職金の平均は高校卒で1,220万円前後、短大卒・高専卒が1,235万円前後、大卒が1,384万円前後となっています。これは卒業後すぐに入社し定年まで勤務した場合の退職金額です。したがって転職で信用組合に入った場合には転職後の勤続年数によって退職金のおおよその金額が分かるでしょう。

こうして退職金について調べてみると、信用組合はボーナスなども安定して支払われ退職金も他の中小企業と同じくらいであるため、非常に安定して収入が得られるということが分かります。転職先として良いと感じる方も多いでしょう。ただし転職活動をする前に年収やボーナス、退職金を含めた金額をしっかり計算しておく必要があります。人生を左右する重要な決定になりますから、万全の準備をして転職活動に臨むようにしましょう。

信用組合の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.