信用組合の離職率

信用組合求人TOP >> 信用組合の転職の基礎 >> 信用組合の離職率

信用組合の離職率

信用組合に入るために就職活動をしている人は多くいますが、就職活動に励む前に長く勤められるかどうかをしっかりと見極めることも重要です。そのためには信用組合の離職率を知る必要があるでしょう。離職率とはある時点で仕事に就いていた人のうち一定期間内にどのくらいの人がその職を離れたかを示すものです。例えばある年に10人が入社して三年後に3人が辞めていたとすれば三年後の離職率は30%ということになります。では信用組合の離職率はどのくらいなのでしょうか。

実は信用組合の離職率は他の企業や金融機関に比べて高いと言われています。というのは信用組合は他の金融機関と比較すると給与や年収が低くなっています。その一方で信用組合で行われている業務は他の金融機関と変わらないため、地域密着型のサービスに適応できないと長く勤務し続けるのが難しくなってしまうのです。金融業界全体では平均すると3年以内の離職率は20%をやや上回るくらいですが、信用金庫では銀行よりもやや高く、信用組合では銀行や信用金庫よりも高い離職率となっています。高卒・短大卒・大卒別の離職率では高卒が一番高く、大卒がもっとも離職率が低くなっています。これも給与や仕事内容が大きく関わっているのかもしれません。

こうした離職率の高さを聞くと信用組合では働きたくなくなってしまうかもしれませんが、現状は改善されつつあります。信用組合も離職率の高さに危機感を持っており、離職率を下げるための対策を講じ始めているからです。例えば窓口業務では女性の社員が多く結婚によって離職してしまうこともあるため、常勤ではなくパートタイムでの勤務ができるようにしている信用組合もあります。さらに福利厚生を手厚くして、信用組合で働くメリットを増やすことで離職率を下げようとしている組合も少なくありません。さらに人間関係で社員がやめてしまうのを防ぐために職場環境の改善に励んでいる信用組合も多いようです。

今まで信用組合の離職率が高いと言われてきたとはいえ、徐々にその評価も変化してきています。これから就職・転職するという方であれば、今からどんな業務が行われているのか、どんな問題が生じ得るのかを調べておくことで、実際に就職した後に問題が起こるのを防ぐことができるでしょう。三年後や五年後ではなくできるだけ長く勤務することができるように、しっかりと準備をして就職活動をするようにしたいものです。

信用組合の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.