信用組合の転職と福利厚生

信用組合求人TOP >> 信用組合の転職の基礎 >> 信用組合の転職と福利厚生

信用組合の転職と福利厚生

信用組合への転職を考えている方であれば、給与や待遇面などについてしっかりと調べているに違いありません。確かにそれらはとても重要な要素ですが、見落としがちな要素として福利厚生が挙げられます。信用組合への転職に伴って福利厚生がどのように変化するのかを知っておくのは非常に重要です。よく調べないで転職してしまうと、意外に待遇が悪かったということになりかねません。信用組合の福利厚生にはどんなものがあるのでしょうか。転職する前にどんな点を考慮しておく必要があるのでしょうか。

福利厚生とは給与などとは違い、企業が社員に対して支給する非金銭報酬の事です。福利厚生が非常に重要なのは、この対象が社員だけでなくその家族にも及ぶという点です。具体的には健康保険や雇用保険、健康保険、子育て支援や社員旅行などが福利厚生の一部として挙げられます。福利厚生は社員の経済的保障を厚くすることにより、企業にずっととどまって働きたいという意欲を起こさせる目的で用いられます。近年では同期の離職率の高さによって社員旅行の行き先が変わるといったユニークな方法を用いている企業もあるほどです。

信用組合は他の企業に比べて福利厚生が手厚いと言われています。というのは信用組合の年収が一般企業と比べて若干低いため、福利厚生を手厚くして離職率を下げるのという狙いがあるのです。健康保険、雇用保険はもちろん、厚生年金などを掛けることによって退職金を増やすという方法を取っている組合もあります。手厚い福利厚生という大きなメリットがある信用組合ですが、転職する場合にはよく注意しなければなりません。こうした福利厚生は勤続年数の長さによって保障が変わる場合がほとんどなので、転職した直後は保障範囲が少なくなったり支払われる金額が少なかったりすることがあるからです。年金や保険も転職すると手続きが必要になって面倒くさいと感じる方もいるかもしれません。

転職する時に見落としがちな福利厚生ですが、長年勤務するためには絶対に見逃すことのできない要素です。転職したいと思っている信用組合にはどんな福利厚生があるのか、今働いている職場との違いは何か、最終的に福利厚生が手厚くなるのはどちらなのかということをよく考える必要があります。転職する時は新しい職場への希望で満ちているかもしれませんが、少し立ち止まって福利厚生のような細かい点をしっかり調べておくようにしましょう。

信用組合の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.