高年収の信用組合の求人

信用組合求人TOP >> 条件別の信用組合の求人 >> 高年収

高年収の信用組合の求人

信用組合で働きたいという場合には、年収が気になることでしょう。高年収の求人があればぜひそこに応募したいと思うものです。金融機関には銀行、信用金庫、信用組合などがありますが、もっとも年収が高いのが銀行で、信用組合は信用金庫などよりも低いと言われています。信用組合は営業エリアが狭く、しかも店舗の規模が小さいところが多いため年収も金融機関の中では低めになっているのです。では信用組合の求人で高年収のものはあるのでしょうか。

そもそも高年収とは一体いくらからの事を言うのでしょうか。一言に年収と言っても、これは年齢や役職によって大きく変わってきます。金融機関を含めた各年代の平均年収を見てみると20代前半では平均年収は約265万円、30代前半では約438万円、40代前半では約568万円となっています。これ以上の年収を得ていれば高年収ということができるでしょう。信用組合に限って言えば、20代では平均すると年収は300万円前後、30代では四分の一近くの人が年収500万円以上、40代以上になるとなんと15%の人が年収1000万円程度の年収になっています。信用組合は金融機関の中では年収が低めであるものの、サラリーマン全体から見れば十分高年収なのです。

とはいえ20代や30代のうちは平均年収以下の人も半分近くいるため、信用組合の求人すべてが高年収になるというわけではありません。信用組合から出る求人の中で高年収のものといえば、やはり総合職になるでしょう。総合職とは内部事務などの業務を一通り経験したのちに経営の中枢を担っていく人たちの事です。信用組合では求人情報を掲載する時点で総合職と一般職に分けて募集しているところもあります。総合職の場合には資産運用や融資のスペシャリストになったり、いろいろな部署を監督する立場になったりすることになるでしょう。こうした総合職はそれ自体も高年収ですが、特別な資格を持っているとさらに年収が上がります。中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー、プログラマーなどの資格は総合職に就くのに有利です。

大手の信用組合であれば高年収の総合職の求人は定期的に掲載されます。しかし中小の信用組合の場合にはこまめにホームページなどをチェックして求人情報が載っていないかどうか見るようにしましょう。信用組合で高年収の求人は人気が高く、すぐになくなってしまうため、良い条件の求人を逃さないためにも注意を怠らないのが賢明です。

都市銀行の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.