激務でない信用組合の求人

信用組合求人TOP >> 条件別の信用組合の求人 >> 激務でない

激務でない信用組合の求人

信用組合に就職したいものの、激務のものは少し大変そうと思っている方も多いことでしょう。信用組合は銀行などと同じ金融機関なので、融資業務や為替業務、営業、窓口業務などの仕事が行われています。金融機関に勤務したことがない方にはどの業務が激務で、どの業務がそうでないかを見極めることが難しいでしょう。信用組合で激務でない求人はあるのでしょうか。また他の業種と比べても激務ではないのでしょうか。

結論から言えば、信用組合で激務ではない求人を探すのはとても難しいです。というのは金融機関で行われている業務はどれもとても大変で、慎重さと正確さを要求されるため、疲れ切ってしまったり辞めてしまったりする人も少なくありません。たいていの信用組合は営業時間が15時や16時までと他の業種と比べて短くなっています。窓口業務終了後は穏やかに仕事が進むのかというとそんなことはありません。むしろ窓口業務が終わった後の方が激務である場合がほとんどなのです。融資業務は一人一人の顧客へのしっかりしたサポートが求められますし、窓口業務であれば多くの顧客に対応する必要があるので大変です。もちろん為替業務のような大きなお金を動かす仕事は責任が重く、楽な仕事とは言えないでしょう。

信用組合には楽な仕事はあまりありませんが、組合によって求人の内容が大きく異なることも事実です。ある大手の組合では営業エリアが広いので回るのが大変でも、営業エリアが狭い中小の信用組合であれば比較的楽と言えるのかもしれません。さらにすでに信用組合が地域に根ざしていて、新規顧客の開拓よりも今いる顧客のサポートが重要という店舗の場合には、新規開拓のノルマを課されるような激務ではないでしょう。融資業務のように経験が求められる仕事であっても、研修制度がしっかり確立されていれば、激務とはならないかもしれません。今まで培ってきたノウハウをしっかり伝えてくれるかどうかも、営業業務が激務になるかそうでないかを大きく左右します。

こうした比較的激務ではない求人を探すためには、信用組合内部の事情に通じる必要があります。信用組合で働いている知り合いがいる場合には、その人に詳しくどんな仕事が行われているのか聞くことができるでしょう。信用組合のホームページなどをしっかり読むことで、内部事情をある程度知ることもできるかもしれません。激務ではない信用組合の求人を探すためには、前もって行う情報収集が何よりも大切なのです。

都市銀行の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.