転勤がない信用組合の求人

信用組合求人TOP >> 条件別の信用組合の求人 >> 転勤がない

転勤がない信用組合の求人

実家から通勤する予定であるとか、持ち家を持っている、その土地を離れたくないなど、様々な理由で転勤をしたくないという人は多くいることでしょう。その様な人が転勤の無い信用組合に就職や転職をしたいと考える場合、どの信用組合に応募するか、よく吟味する必要があります。

転勤したくない場合、まず候補にあがる求人は、ズバリ「転勤なし」と明記してある求人です。その様な求人は、あまり多いとは言えませんが、時折見かけることがあります。それは、特定のポストに欠員が出て、その補充のために即戦力となる技能を有する人を求めているような場合や、急遽人員を補充するために多少条件を緩和しても早急に職員を求めている場合です。

頻度は低いですが、金融機関の中でも比較的離職率が高いと言われる信用組合ですので、辛抱強く待っていればいずれは「転勤無し」と銘打った求人が現れる可能性もあります。

転勤があったとしても転居を伴わなければ良しとする場合があります。実家や持ち家の場合や、住所を変えたくない人たちは、転居が嫌という理由でしょう。それならば、どの信用組合に就職するかを考えれば願いが叶うかもしれません。

信用組合の業務範囲は非常に限定的で、特定の業種を対象としたり、同じ職場に勤務する人を対象としたり、一定のエリア内の企業や住民を対象としたりしています。ですから、地図上での業務範囲が狭い信用組合が、転勤があっても転居は無い可能性が高いと考えられます。

中でも、全国に17組合しかない職域信用組合は、その業務範囲が一定の職場に限られているので、転勤の可能性が非常に少ないと言えます。例えば、大阪府警察信用組合や警視庁信用組合、新潟鉄道信用組合などは、その都府県の特定の職員しか利用できないため、転勤の範囲も同じ都府県にかぎられるでしょう。一方で、朝日新聞社員を対象とした朝日新聞信用組合や、毎日新聞社員のみが利用できる毎日信用組合などは支店の数が少ないため、転勤の範囲が限られるように感じますが、遠隔地に支店がある場合も多く、転居が無いとは言えません。

地域密着型の信用組合の中にも地図上の業務範囲が少なく、転勤の際の転居の可能性が少ない組合もあります。例えば、小田原第一信用組合などは、支店も鴨宮や南足柄など近隣に限られるため、転居の可能性が少ないといえます。このような、狭いエリアを受け持っている信用組合の求人を探しましょう。

いずれにせよ、非常にレアな求人となりますので、辛抱強く待って、チャンスをモノにする準備を怠らないようにしましょう。

都市銀行の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.