営業職採用の信用組合の求人

信用組合求人TOP >> 条件別の信用組合の求人 >> 営業職採用

営業職採用の信用組合の求人

金融機関の中では比較的離職率の高い信用組合ですから、求人を目にするチャンスも多いはずです。しかし、そのほとんどが総合職としての求人であり、よほどの理由が無い限りは職種を限定して求人することは無いでしょう。ですので、営業職採用としての求人はまれであると考えることができます。では、そういった場合とはどのような状況でしょうか。

1番想定できるのは、営業職で働いていた職員が退職してしまい、営業部門の人手が足りなくなってしまった場合です。規模が小さい信用組合であれば営業職自体の人数も少ないことが想定されます。そうすると、離職者が出てしまったらすぐにでも即戦力をもった職員を採用しなければいけない、ということになるでしょう。その様な場合に、営業職採用の求人が出ることになります。

上記の場合は、即戦力を求めているわけですから営業経験があることは必須であると考えられます。金融業界での経験があればベストですが、他業種でも営業経験はあった方が良いでしょう。さらに、金融業界で役立つ資格なども取得しておけば、採用の際に有利に働くと考えることができます。

例えば、「ファイナンシャルプランナー」。個人の人生をお金の面から設計して、それに対するアドバイスをするための専門資格です。個人への営業活動を行う場合にはこれほど即戦力をアピールできる資格はないでしょう。もう一つ、最近人気の金融系の資格で「企業年金総合プランナー(DCプランナー)」があります。これは、最近増加傾向にある確定拠出年金などを含めた、年金全般の知識をもった専門家です。企業や個人の年金プランのアドバイス等ができるため、小規模な事業所なども顧客の対象としている信用組合ならば、活躍の場が広がる資格であると言えます。

一方で、一旦総合職として採用されたのちに、営業職への担務を変えてもらうという就職のしかたもあります。多くの信用組合では、年に1回くらいの頻度で職員の異動の希望などを聞いてくれるという制度を設けていますので、そこで営業志望であることをPRできるでしょう。

それだけではなく、営業職に求められる積極性だったり、コミュニケーション能力の高さだったりを日々の業務で周知させる必要があります。周りの職員に積極的に働きかけて、仕事をどんどん任されるような存在になれば、営業職としても頼りになると思われて、やがては自身の希望する営業職に就けるかもしれません。

都市銀行の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2022 信用組合求人ガイド【※安定企業へ転職しよう】 All Rights Reserved.